これだけは避けたい!調査が失敗するケースとは?

探偵調査は、基本的に訓練を受けた調査のプロが日数を費やして行うものですので、それなりに費用がかかります。

そんな探偵調査が失敗に終わってしまったら、「欲しかった結果を得られない」、「真実を知ることが出来ない」、「お金も無駄になる」ことになり、何一つ良いことがありません。

探偵事務所側のミスで調査が失敗した場合は、期間をおいての再調査もしくは、全額になるかは別として費用の返金を求めることはできると思います。

 

ですが、依頼者側の落ち度によって、調査が失敗した場合は費用の返金を求める事ができない、もしくは調査期間が伸びて費用が高くなる場合が多いと思います。

というわけで、今回は「これだけは避けたい!調査が失敗するケースとは?」というテーマで書いていきたいと思います。

 

どうなったら探偵調査は失敗なの?

これは、ずばり調査対象者に探偵調査をしている事がバレてしまう事です。

こうなってしまうと、対象者の警戒心は最大になり、調査続行は不可能になってしまいます。

また、浮気調査などの場合は、白黒ハッキリさせる前に、依頼者と調査対象者の間に大きな亀裂が入ってしまうことになります。

 

探偵調査が失敗しやすくなるケース

#01「依頼者が直接尾行をしたり、現場に来てしまう」

まず、依頼者が直接、対象者を尾行してしまうのは絶対にやめて下さい。

訓練を受けたプロの探偵だからこそ尾行が成立するのであり、知識のない一般の方が、しかも対象者にも知られている車両を使って尾行するとバレてしまうのは当然です。

 

対象者が浮気など、後ろめたい行動を取っているのであれば、普段よりも警戒しているのは当たり前です。

愛人の自宅付近に妻や夫の車を見つけてしまったら、尾行を疑うのは自然な事ですよね。

 

現場に来るのも同様です。

こういったトラブルを避けるためにも、GPSで対象者の行動を特定したとしても、具体的な調査場所は知らせないという業者が多いのが実際です。

 

#02「必要以上に予定を聞いたり詮索する」

対象者の行動を特定するために、必要以上に予定を聞いたりするのも避けてください。

普段はあまり、飲み会やランチの相手・場所を深く聞かないのに、急に細かい時間まで聞いてこられたら、誰でも不審に思うものです。

 

どこにいる?等の所在確認の連絡を急に増やすのも警戒心を高められてしまうので控えるようにして下さい。

 

#03「LINEのスクショを取る目的など、対象者のスマホに触る」

確かにLINEで、異性とのやり取りや、デートの約束の日程、それ以外にもラブホに行った、性交渉を行っている等の直接的な証拠を取ることはできるかもしれません。

ですが、相手のスマホを触るというのは非常にリスクのある行為です。

 

気を許しあったパートナーでもスマホを勝手に見るのはご法度という感覚の人が大半ですので、スマホの内容を盗み見たことがバレるだけで、警戒心は大きく高まってしまいます。

 

なお、LINEのスクショで性交渉が行われた証拠になるやり取りがあったとしても、それだけでは裁判で有用な証拠にはなりません。

あくまで証拠の一部になるだけです。

 

ですので、無理に対象者のスマホから情報を引き出そうとうするのは控えるようにして下さい。

 

依頼者の行動が原因で探偵調査が失敗しないために注意したい事

冒頭で触れたとおり、依頼者の行動が原因で調査が失敗に至った場合、費用の返金も求められない可能性が高いです。

 

こういった失敗を防ぐために守っていただきたい事は非常にシンプルで、「探偵業者に依頼をしたら、探偵業者に任せて調査報告を待つ」

これだけです。

 

最初の相談時に、できる限りの情報や、対象者の行動パターンをヒアリングさせて頂くだけで十分です。

もし、安全で効率的な調査のために、依頼者と連携する事が必要と判断できる場合は、探偵業者側から相談させて頂きますので、それ以外の場合は、基本的に探偵業者に全て任せるというスタンスをとって頂くのが最も安全です。

 

以上、今回は「これだけは避けたい!調査が失敗するケースとは?」についてお話させて頂きました。

 

お問い合わせはコチラ

前のページへ戻る

 

最新記事

月別アーカイブ

 

探偵ちゃん

 

 

お問い合わせ

 

 

沖縄県公安委員会探偵業届出番号 第97210007号

名称 ACT探偵事務所
住所 〒901-1303
沖縄県島尻郡与那原町字与那原1009-2 山内ビル3F(MAP
※駐車場8台有り
営業時間 365日・24時間対応可能
電話番号 0120-086-451