沖縄 探偵 浮気調査に強い【ACT探偵事務所】

沖縄県公安委員会探偵業届出番号第97210007号

お問い合わせフォーム

安い調査料金について

日常生活において、商品やサービスを受ける際に高い金額から調べる方はいないと思います。

同等なサービス内容であれば少しでも安い方が良いと大半の人が思います。

探偵は商品(既製品)を売る仕事ではないので、実際に依頼してみないと「金額に見合った価値があったのか」と判断することになります。

探偵は各事務所によって料金に開きがあるので、探偵事務所選びの際はぜひ一度この記事を参考にして下さい。

 

調査料金の見方

 

基本的に 調査員人数×1時間単価(調査員1人1時間の単価)×契約する調査時間=基本調査料金 になります。

例:調査員1人×6,000円×20時間契約=120,000円  

例:調査員2人×6,000円×20時間契約=240,000円

という計算式が一般的です。

上記の例を見るとわかる通り、調査を行う人数によって金額が2~3倍と上がります。

 

更に、調査する時間が深夜だと深夜料金、当日に急な依頼をすると即日対応料金などが加算し、基本調査料金+α(深夜料金等)で料金が発生する探偵事務所もあります。

 

沖縄の探偵事務所は2人体制で調査をする探偵事務所が多いですが、過去に調査がバレて警戒している人物を調査するには、当然調査の難易度も高く、バレずに円滑に調査を進める為に3~4人体制で調査を行うこともあります。

また、首都圏や都心部などをバス、電車(モノレール)など複数の移動手段を利用する対象者には警戒の有無に関わらず3~4人体制で調査を行う場合もあります。

 

探偵の主な経費 ※調査料金とは別途請求

車両代、ガソリン代、コインパーキング代、高速道路代、撮影機材代、特殊機材代、GPS代、報告書作成代などがあります。

車両関係の諸経費は実際に調査が終わらないと算出できない特性上、調査終了時に精算して頂くことがほとんどです。

 

車両関係の経費別途請求

例:調査員2人体制(それぞれ別の車両を使用した場合)×(車両代1台2,000円×ガソリン代2,000円×高速道路代500円)×5日間の調査=45,000円が調査料金とは別に諸経費として請求されます。

 

あくまでも例ですが、調査料金の安さだけで選んでしまい、こうした経費の部分を見落とすと最終的な金額は予算を大きく上回る事態になってしまうので注意が必要です。

見せかけの料金ではなく、総額で判断すると安く抑える事が出来ます。

 

料金を安くする方法

最も料金を安くする方法は、調査員人数を減らすことですが、人数を減らすことによってお客様が求めている結果が得られないと判断された場合は高確率で断られるのでオススメは出来ません。

当事務所でも調査員1人で対応も可能ですが、様々な条件が揃った場合に限らせて対応させて頂いています。

 

1番効果的なのは怪しい日時にピンポイントで調査を行う事です。

単純ですがピンポイントで証拠が掴めると短時間で済みますし、日数が掛からない分、車両関係の経費も安く済みます。

何曜日が怪しいか、何時~何時が怪しいか、などを事前に把握することが大切です。

 

まとめ

・調査料金だけで判断せずに、深夜料金や諸経費などの追加費用がどのくらい掛かるかを考慮する

・怪しい日を絞り、場合によってはGPSなども上手く活用し、ピンポイントで調査を依頼する

この2つだけで100,000円前後の料金を安く抑える事が可能です。

 

ACT探偵事務所では

諸経費込み!

GPS1週間無料!

1週間無料のGPSで調査日時を絞り込んだ上で効率の良い調査を行い、追加請求も無い諸経費込みの料金です。

お気軽にご相談頂ける、LINEでのご相談も受け付けております。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

浮気調査のメニュー詳細はコチラから

LINE問い合わせるならコチラ

 

前のページへ戻る

 

最新記事

月別アーカイブ

 

探偵ちゃん

 

 

お問い合わせ